白髪染め 抜く

白髪を抜いてはいけない?

白髪がちらほら目立ってくると、ついつい抜いてしまいたくなりますね。
見える部分に1、2本あると、余計に気になってしまいます。

 

白髪はよく、抜いてはいけないと聞きますが、なぜいけないのかご存知でしょうか?

 

白髪に限らず、髪の毛は基本的には抜いてはいけません。髪の毛は、毛穴から生えていますが、実は1つの毛穴から2、3本の髪が生えているのです。白髪も同じで、1つの毛穴から何本かまとまって生えています。ですので髪の毛一本を抜くというのは、同じ毛穴から生えている毛を傷つける事になります。

 

 

必要ないと思って抜いたせいで、その周りの毛も抜け落ちてしまうかもしれないという事です。

 

さらに、毛を抜くと毛根が痛みます。毛根にはメラニン色素も含まれますので、毛根が痛むと色素を作る力が弱くなります。そうなると、せっかく黒い髪の毛だったところも、徐々に白髪になってしまう可能性があります。同じ毛根だけでなく、周りの毛根も傷ついてしまうので、周辺の毛も白髪になってしまうかもしれません。

 

ですので、白髪を抜くのはよくありません。気になるかもしれませんが、抜くのは絶対にやめましょう。もしも気になった時には、毛根ギリギリのところでハサミを使って切ってください。またすぐに伸びてきて目立ちますが、抜くよりはリスクがありません。

 

白髪を1本でも抜くと、周りの毛根を傷つけてしまいます。
そして、白髪や抜け毛を増やしてしまうかもしれない事を、忘れないでください。