白髪染め パーマ

白髪染めとパーマは同時にして良いの?

白髪染めはすでに多くの人が行っています。白髪は生えるとすぐに目立つので、月に1~2回は染めている、という人も多いでしょう。

 

そんな白髪染めと、パーマは同時に行っても良いのでしょうか?

 

美容室ではどんな白髪染めが使われている?

美容室で行われる白髪染めは、毛髪の内部にある毛細血管に働きかけます。色素細胞を一度潰して、その中に新しい色素を入れるので、髪の毛には大きなダメージを与えることになります。白髪染めをしていると、髪の毛がパサパサになってしまった、という人も少なくないでしょう。

 

パーマのダメージ

そしてパーマですが、こちらも白髪染めと同様に毛髪内部に働きかけます。パーマにも様々な種類があるので一概には言えませんが、多かれ少なかれダメージがかかります。毛髪内部にある細胞を一度離して、形状を変えてから、また細胞を繋げる、という作業が行われます。パーマのかかりが強くなればなるほど、ダメージも大きくなると思っていいでしょう。

 

結局白髪染めとパーマは同時にして良いの?

そんな白髪染めとパーマは、なるべく同時には行わない方が髪の毛のためになります。同時の施術は髪の毛に大きなダメージを与えて、水分やツヤを失います。

 

また、先に行った方の仕上がりが弱くなるというデメリットもあります。例えばカラーを先に行うと、色落ちの原因となってしまいます。ですので、仕上がり・髪へのダメージという視点どちらで考えても、やはり同時の施術はおすすめできません。

 

関連記事

白髪を抜いてはいけない?

白髪染めを買うなら高い方が良いの?

白髪になる平均年齢は?【男性と女性で違う?】

髪に優しい白髪染めはコレ♪