白髪 原因

白髪の主な原因とは?

白髪で悩む人には、様々なことで悩みがあるでしょう。突然の白髪に驚く人も少なくないですよね。

 

そんな白髪は、一体何が原因で発生するのでしょうか?
色んな原因があるのですが、詳しく見てみましょう。

 

加齢

まず、加齢が原因であることが多くの原因となります。加齢によって、髪の毛の色素細胞は色味を失います。一般的には50~60歳頃に白髪になる人が多いですね。

 

加齢が原因の場合は、自然な現象でどうすることもできません。白髪染めなどで対応する人がほとんどです。

 

遺伝

そして遺伝的な原因も考えられます。遺伝の場合は年齢に関係なく白くなってしまいます。比較的早い年齢でも白髪になってしまいますが、この場合も白髪をなくすことができません。

 

親や親戚に、若い時期から白髪があった人がいる場合は、白髪になる可能性があるといっていいかもしれませんね。

 

その他の原因

他にも、ストレスなどによる外部ダメージが原因である場合もあります。日常的なストレスや、仕事のストレスなど。溜まったストレスは色素細胞に悪影響を与えます。また、ホルモンバランスの崩れでも白髪は発生します。

 

妊娠・出産を経験した女性、また思春期の方なども、一時的に白髪になってしまうことがあります。ただし、これらの場合は一時的なものなので、時間と共になくなっていくのが普通です。