白髪染め 種類

白髪染めカラー剤の種類を全部教えます♪

白髪染めカラーには大きく3種類に分かれます。

 

永久染毛剤・半永久染毛剤・一時染毛剤です。

 

この中でもっとも髪に負担がないのは、最後の一時染毛剤になりますが。シャンプーをすることで、色が落ちてしまうのが特徴です。
本当に今日朝、白髪を早急に染めなきゃって時に使いますね。タイプ的にはマスカラタイプ、スプレータイプ、ファンデーションタイプなんかが最近では見られます。かぶれなどの心配もありません。塗るだけなので手軽につかえますね。染毛のメカニズムは着色剤を毛髪の表面に付着させて、一時的に毛質に着色します。

 

次に負担が無いのは、半永久染毛剤になります。繰り返し染めても髪の表面を覆うだけなので、髪の痛みにはつながりません。ただ髪も爪と同じタンパク質のケラチンです。爪にマニュキュアを塗るとその日に落としますね。髪にも同じ事が言えると思います。

 

使用は安全(永久染毛剤に比べると)ですが、髪から剥がれる時にキューティクルも一緒に剥がしてしまい。これが髪の損傷に繋がります。また髪を覆い尽くすため、薬剤の浸透率が悪くなります。パーマなど併用して使用する方は。パーマのオーバータイムを引き起こしたり。薬剤を強めにしないと希望のウェーブがかからなくなります。

 

ジェルタイプ・クリームタイプなどがあります。一番の利点はアレルギーの方でも使用できるのが大きいですね。一時染毛剤よりも持ちが良く、お家でカラーをされるには安全につかえます。繰り返す使うことで髪を覆う幕がバームクーヘンのようになるため、髪が重く、太く、くせ毛の方はクセを助長させてしまったりするのがマイナスポイントでもあります。価格を抑えて白髪を染めたい方にはよいカラー剤かもしれません。

 

最後に永久染毛剤ですね。カラーリングは2,3ヶ月持ちます。有効成分の「酸化染料」は体質や肌状態によってかぶれの原因になったりします。クリームタイプ・泡タイプなどがあります。

 

ホームカラーでは泡タイプの方が地肌につきにくいので人気だったりしますね。化染料が毛髪中に浸透して髪の中で酸化して結び付くことで発色します。メラニン色素を脱色するパワーもあるので、髪の中の細胞を壊しますので痛みの原因にもなります。

 

また、ドラッグストアで売っているのと美容室でする違いは、2液の選定にもあります。自分でする分には見極めができないので、毛先から根元まで強いお薬で染めてしまい、さらに痛んだりしますね。美容室では以前した所は弱く、根本の伸びた所は強いお薬で染めることによってダメージを最小限にすることができます。あと時間を置きすぎないようにすることが大切です。オーバータイムは髪をすごくいためてしまいます。