白髪染めトリートメント

なぜ白髪染めトリートメントが良いのか?

白髪染めには色々な種類のものがりあますが、私はなぜ白髪染めトリートメントをおすすめすると思いますか?

 

白髪染めの種類

白髪添めにも色々な種類があるのをご存知ですか?
白髪染めの種類には、大きく分けて4つあります。

  • カラーリング
  • ヘアマニキュア
  • 一時染め
  • トリートメントタイプ

 

 

カラーリング

これは、白髪染めじゃないカラーリングと基本的には同じ仕組みです。

 

髪の内部に浸透することで確実に白髪を染めてくれます。多少は色落ちしますが、普段からケアすることで、色持ちは良いでしょう。色味の種類も豊富ですので、オシャレを楽しむことができます。

 

ただし、髪へのダメージは結構大きいです。カラーリングを続ければ続けるほど髪に与えるダメージは強くなります。大体1ヶ月に1回ぐらいのペースでカラーリングする必要がありますので、そのたびに髪は傷んでしまいますので、しっかりトリートメントで保湿する必要があります。

 

ヘアマニキュア

カラーリングと何が違うの?と思うかもしれません。

 

ヘアマニキュアは、カラーリングと違って、髪の表面上だけを染める方法です。その分、カラーリングと比較すると髪に与えるダメージは少ないです。ただし、内部に浸透していない分色落ちは、カラーリングと比べて早くなります。また、髪をコーティングするような形になりますので、紫外線の刺激から髪を守ってくれます。

 

一時染め

その名の通り、その日一日だけ染めるという方法です。

 

お出かけ前に白髪が見つかってしまった!そんな時に気になる部分に直接つけることで白髪を一時的に隠すことができます。一時染めにも、スプレータイプやマスカラのようなタイプがあります。シャンプーやお湯で洗い流せますので、気軽に使うことができます。

 

トリートメントタイプ

お風呂場でトリートメントの代わりに使うことができます。

 

実際に白髪染めにトリートメント成分が入っているというモノです。ヘアカラーやヘアマニキュアでは出せない自然な染まり具合を実現できます。ただし、すぐに染まるというものではなく、毎日使い続けることで徐々に白髪を染めるというものです。しかも、白髪を染めるだけではなく、使えば使うほど髪がツヤツヤになっていくのを実感できるでしょう!

 

素手で塗ることができますので自宅で簡単に白髪染めができます。さらに、髪の毛が傷むどころかツヤツヤでキレイになる効果が期待できます。

 

白髪染めで髪が傷む?

白髪染めのイメージって髪が傷むというイメージが合ったと思います。ところが先ほど説明したように、白髪染めの種類によっては、髪がキレイになるという白髪染め(トリートメントタイプ)もあります。

 

正直、髪や頭皮のことを考えるのでしたら、カラーリングタイプやヘアマニキュアタイプの白髪染めは使わない方がいいです。白髪染めをこれからはじめるという方なら、トリートメントタイプの白髪染めを使うことをおすすめします♪

 

白髪染めトリートメントが良い理由とは?

なぜ、白髪染めトリートメントをおすすめするのかと言いますと、先ほどからお話しているように、髪や頭皮を傷めないで自然に白髪染めができるからです。

 

その他の白髪染めを使うと髪や頭皮が傷んだり、最悪の場合頭皮がかぶれたりしてしまうかもしれません。そうならないためにも、トリートメントタイプの白髪染めを使うのが一番良いかなあと思います。

 

白髪染めならトリートメントがおすすめです!